[グリーフケアを知ると]~生前からの関わりの重要性~

シェアする

青森県弘前市グリーフケアアドバイザー佐々木清美です。今回は生前からのグリーフケアの関わりによって、人は悲しみをどのように受け止めるのか、またどのようにしてグリーフケアと関わることが良いのか、更に生前にグリーフケアに関わることや知る機会がない場合には、どのようにしてグリーフが起こるのかなど、私なりの見解を述べます。人がどんな背景でグリーフに関わるのかは、生前からの色々な関わりもその人のグリーフ体験に大きな影響を及ぼすことが考えられるからです。

◆人との繋がりと限りある時間

人は、産まれたら死にます。それは誰にでも平等に起こります。

だからこそ、人生の時間には限りがあります。いかにその時間を自分らしく、自分の為に、そして人のために生きるのか。人はみんな知らず知らずのうちに、そのテーマに沿って生きているように思うのです。

そして、その人生には様々な人が様々な役で登場し、あなたに関わります。関わりがあるということは、縁が生まれるということ。そして縁が生まれると、その相手に対して様々な感情も生まれます。そしてその感情が生まれることで、人と人との繋がりが生まれるのです。

その繋がりは、親子だったり、友だちだったり、恋人、同級生、仕事の同期、上司、後輩、ご近所さん、お客さん、よく行くお店の人・・・はたまた会ったことはないけれど、大好きな芸能人やSNSもそうです。人は自然と誰かと繋がっているし、その繋がりはもう実は決められたシナリオなのかもしれません。


その繋がりは様々な感情を生みます。
喜び、悲しみ、怒り、楽しさ、寂しさ・・・

幸福感、高揚感、優越感、劣等感、絶望感・・・

他にも色々な気持ちや感情があると思いますが、それもすべて人との繋がりがあってこそ。中には「自分は一人きりだ。」と思っている人もいるかもしれませんが、今こうして生きているということは、誰かとの関わりや助け、繋がりがあってこそなのです。

そして、時間は有限です。無限に続くものではありません。日が昇ると沈むように、季節が春から夏、夏から秋、秋から冬へ移り変わるように、同じ日は二度とありません。大好きな人、大切な人は、いつまでもそこにはいません。人の命も移り変わる季節のように同じ命は一度しか生きられないのです。永遠ではないのです。

◆グリーフは生前から始まっている

なぜ、グリーフ 悲嘆 が生前から始まっているのか。

それは人と人との繋がりがあるからです。相手に関わることでなんかしらの感情を抱いたら、もう繋がりが生まれるのです。それはもしかしたら一方的なものかもしれませんが、人は産まれたら死に、出会いがあれば別れがあるのです。それは必然です。例えば好きだった歌手が亡くなったりしたら。。一方的な関わりではあるけれど、ものすごく辛いし哀しいですよね。。それはもう繋がりがあるからなんです。

だからこそ、繋がっている人との関わりの時間を大切に、丁寧に過ごして欲しいのです。

例えば家族。

ありがとうを伝えてますか?
大好きを、愛してるを伝えてますか?

毎日笑顔で送り出していますか?

例えば友だち。

言いたいことを相手を思いやりながら伝えられてますか?
大好きを伝えてますか?
ありがとうを伝えてますか?

伝えることは、生きているうちしかできません。

今まで色々な方のグリーフの形をお聞きしましたが、グリーフケアが順調に進む方は、みなさん精一杯大切な人に関わっていた方なんです。介護や闘病生活を支え、やるだけやった、やりきった!という方は、やはりグリーフも穏やかなのです。

反対に突然大切な人を失ったりすると、グリーフが深く、なかなか通常生活に戻れなかったり、しばらくは普通に頑張ってきたものの、何十年も経ってからその記憶が蘇り、新たな哀しみが襲うといった場合もありました。

だからこそ1日1日を丁寧に過ごすこと。

関わりを持つ人との繋がりを大切にすること。

大切な人に思いを伝えること。

が大事だと思うのです。

◆グリーフケアに繋がる想い

ここまで、なぜグリーフが生前から始まっているのかについてお伝えしてきました。

誤解のないように言いますが、関わりを持つ人と丁寧に関わることや、自分を精一杯生きることが自分のグリーフ (悲嘆)を軽くするから、そうしましょうということではありません。誰も別れや哀しみを前提にして行動したくはないですよね。

でももし今命が終わるとしたら・・・

あなたはどんな風にいたいですか?

もし今大切な人の命が終わるとしたら・・・

あなたはどんな風に関わっていたいですか?

この問いに感じたこと、考えたことが、グリーフケアにも繋がると思うのです。

なんとなく・・・ですが、亡くなる前にもグリーフケアが始まっていることが伝わりましたか?

グリーフケアを知ることで、きっと何かが変わるはず。その何かを見つける手助けになれたのなら嬉しく思います。

私も我が身を振り返り、これからの毎日を丁寧に過ごそうと思います。